マネジメント規約

第1条(目的)
本規約の有効期間中、本規約に定める条件に従い、ライブ配信サービス「ポコチャ」での配信業務によって、配信業務を行う者(以下、「ライバー」という。)の利益の増進と発展に寄与するものとする。

第2条(アーティストとしての業務)
ライバーは、本規約の有効期間中、COCOSTYLEを所属事務所として、COCOSTYLE及びその関係者(COCOSTYLEの直接又は間接の代理店をいう。以下同じ。)の指示に従って、ライブ配信サービス「ポコチャ」での配信業務を行うものとする。
なお、初回配信日から1年間は、事務所所属ライバーからフリーライバーへの変更はできないものとする。また、所属事務所の変更は、原則できないものとする。

第3条(マネジメント業務)
COCOSTYLE及びその関係者は、本規約の有効期間中、COCOSTYLE及びその関係者の判断するところに従って、COCOSTYLE及びその関係者のアーティストであるライバーのマネジメント業務を行うものとする。

第4条(信用、品位等の保持)
ライバーは、本規約の有効期間中、以下の各行為を一切行わないものとする。
(1) 違法薬物の使用、不貞行為その他の違法又は著しく不品行な行為
(2) アーティストとしての品位又はイメージを損なう又は損なうおそれのある言動又は振る舞い
(3) COCOSTYLE及びその関係者の名誉、信用を毀損する等、COCOSTYLE及びその関係者に対する背信行為
(4) 反社会的勢力との関係を持つ行為
(5) その他、第2条に定める業務の遂行に著しい支障を生じ又は生じさせるおそれのある行為

第5条(報酬・費用)
(1) COCOSTYLE及びその関係者は、ライバーに対し、第2条に定める業務の報酬として、本条第4項に規定する金員から消費税相当額及び源泉徴収税額を控除した額の金員を、ライバーの指定する銀行口座に振込送金する方法により支払う。
振込手数料はライバーの負担とする。
ただし、ライバーの月間配信時間が30時間未満の場合又はライバーの月間報酬が3000円未満の場合には、COCOSTYLE及びその関係者は報酬の支払いを免れることができる。
(2) 第2条に定める業務の遂行に要する端末の購入代金、通信費用及び電気代金その他の費用はライバーの負担とする。
(3) 本条第1項の金員として、ポコチャ提供事業者の所定の条件を満たすと、ダイヤ報酬および別途に所定のボーナスが発生するものとする。
ダイヤ報酬は、累計ダイヤ(時間ダイヤおよび盛上りダイヤの和をいう。以下同じ。)の70%とする。
(4) 1ダイヤは1円として換算する。
(5) 時間ダイヤは、月に最大60時間まで、1日に最大2.5時間まで発生するものとする。
1回の配信時間が5分に満たない場合及びラジオ配信を行った場合には、配信時間としてカウントされない。
(6) ダイヤ報酬及び特別条件に係る報酬は、配信月の翌々月末日(銀行休業日の場合は翌営業日。以下同じ。)までに、ライバー又はライバーの紹介者に支払われる。
ボーナスに係る報酬は、配信開始日から30日目及び60日目が属する月の翌々月末日までに、ライバー又はライバーの紹介者に支払われる。
(7) 本条に規定する報酬の金額及び支払方法については、「ポコチャ」提供事業者の都合により変更する場合がある。

第6条(損害賠償)
(1) ライバーは、本規約に違反し、これによりCOCOSTYLE又はその関係者に損害が生じた場合には、相手方に対しその損害を賠償する責任を負う。
(2) ライバーの不品行、不祥事その他ライバーの責めに帰すベき事由により、COCOSTYLE又はその関係者が第三者から損害賠償請求を受けた場合その他COCOSTYLE又はその関係者と第三者との間で紛争が生じた場合、ライバーは、自己の責任と費用において、適切かつ迅速にこれを解決し、COCOSTYLE及びその関係者に一切の迷惑をかけないものとする。
当該紛争に関し、COCOSTYLE又はその関係者が第三者に対して賠償・補償を行う等の損害が生じた場合には、ライバーは、COCOSTYLE及びその関係者に対し、当該損害の一切を補償するものとする。
(3) COCOSTYLE及びその関係者は、ライバーがその紹介者から受けた説明又は紹介者との取り決めに起因して被った損害については、一切の補償をしないものとする。
(4) COCOSTYLE及びその関係者は、ライバーが第2条に規定する業務を遂行するにあったって被った損害については、一切の補償をしないものとする。

第7条(報告義務)
(1) ライバーは、COCOSTYLEの関係者に対して、最低週1回、毎週日曜日に配信時間その他の配信状況を報告するものとする。
(2) 前項に規定するもの以外に、ライバーは、COCOSTYLE又はその関係者から配信状況の報告を求められた場合には、ライバーに対して速やかに報告するものとする。
(3) ライバーは、COCOSTYLE及びその関係者に対して、正しい情報を届け出るものとし、届け出た情報に変更があった場合はすみやかに変更後の情報を届け出るものとする。
(4) ライバーが前3項に規定する報告を怠った場合には、第5条に規定する報酬は支払われないものとする。

第8条(契約期間)
本規約の有効期間は、ライバーによる本規約の同意の日より1年間とする。但し、期間満了の1か月前までに、COCOSTYLEの関係者とライバーとのいずれよりも書面による別段の意思表示がない場合、本規約は同一条件で更に1年間更新されるものとし、以降も同様とする。

第9条(解除)
(1) COCOSTYLEその関係者は、ライバーが次の各号に掲げる事由のいずれか一つに該当したときは、何らの通知、催告を要せず、直ちに本規約の全部又は一部を解除することができる。
1. 健康上の理由その他の理由により、第2条に定める業務を行うことが不可能又は著しく困難となったとき
2. 第4条又は第7条に違反したとき
3. COCOSTYLEの関係者に無断で他社のライブ配信を行ったとき
4. 本規約に定める条項に違反し、COCOSTYLE又はその関係者より相当の期間を定めてその是正を催告されたにもかかわらず、当該期間内に当該違反が是正されないとき
5. その他本規約を継続し難い重大な事由が生じたとき
(2) 前項の解除は、ライバーに対する損害賠償の請求を妨げない。
(3) 第1項の契約解除があった場合には、COCOSTYLEの関係者はライバーに対する支払いを免れることができる。

第10条(秘密保持)
ライバーは、本規約の有効期間中及びその終了後も、本規約に基づき相手方から開示を受けたCOCOSTYLE及びその関係者の技術上、営業上又は経営上の一切の非公知情報(以下「秘密情報」という。)を守秘し、COCOSTYLE及びその関係者の事前の書面による承諾を得ないで、第三者に開示又は漏えいしてはならず、本規約の遂行以外の目的に使用してはならないものとする。

第11条(協議)
本規約の解釈について疑義を生じた場合又は本規約に定めがない場合は、COCOSTYLE及の関係者とライバーとの協議の上、解決を諮るものとする。

第12条(規約の変更・修正)
本規約の変更又は修正は、COCOSTYLEの関係者が自由にできるものとする。
ライバーは、本規約の変更又は修正を随時確認するものとする。

第13条(合意管轄)
本規約に関する一切の紛争は、事物管轄に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

タイトルとURLをコピーしました